文字サイズ変更


原稿の作り方(絵本・写真集など)

完全データの場合

EPSファイルで保存して入稿してください。対応しているソフトは以下の通りです。

  • ・Illustrator(CS5まで)
  • ・Photoshop(CS5まで)

Illustratorでの入稿の場合は、以下の点にご注意ください。

  • 作成したバージョンで保存してください。
  • 文字はアウトライン化し、レイヤーは統合してください。
  • 必ずトンボをつけて、またフォントはアウトライン化してください。
    (トンボは長方形ツールで規定のサイズのオブジェクト(A4、B5等)を作成し、選択した状態で『フィルタ→クリエイト→トリムマーク』で作成してください。)
  • 仕上がりサイズより天地左右各3ミリずつ塗り足しをつけ原寸で作成してください。
    (仕上がりサイズまでですとページのまわりに白い部分が出てしまいます。)
  • 塗り足しの3ミリは天と地、左右均等になるようにしてください。
  • センターからの自動面付けのため、塗り足し部分が均等に付いていないと印刷がずれてしまいます。注意が必要です。
  • 写真を配置する場合は、CMYKのEPS形式でお願いします。
  • 透明効果は事前にご相談ください。

Photoshopでの入稿の場合は、以下の点にご注意ください。

  • レイヤーは背景になるまで統合してください。
  • 原則としてCMYKのEPS形式でご入稿ください。
  • PSD形式は事前にご相談ください。

絵本や写真の原稿のまま入稿の際の注意

作成した絵や写真(現物もしくはデータ)をお預かり致します。
中に挿入する文章がありましたら、テキストデータ、または手書きの文字原稿とレイアウトのイメージ図(データでも手書きでも構いません)も一緒にご準備ください。切り抜きや反転などのご要望にもお応えできます。

当社での制作作業がある場合は以下の点にご注意ください。

  • 当社でスキャニングが必要な場合は別途スキャニング手数料が発生します。
  • データ入稿後、色補正や画像加工などの作業を必要とする場合、色変換前の元データ(一般的にはRGB形式のJPEGファイル等)が必要になりますので、併せてご入稿ください。詳しくは担当営業へご相談ください。

▲このページのTOPへ戻る